前立腺マッサージ探検隊

前立腺マッサージ体験談

先日、信頼の置ける風俗仲間に前立腺マッサージを強くおすすめされ、初めてM性感というものに行ってきました。
私は元々M気質だったので、ものは試しと思い、チャレンジしてみました。
ホテルで待っていると、女性がやってきました。
若干ツンツンしたSっぽい美女です。
世間話をしたりシャワーを浴びる中で、少しずつ高圧的な振舞いを織り交ぜてきます。
Mの私にはとても興奮するシチュエーションです。
ベッドに移ると、彼女はさらに高圧的に私を責めてきます。
そして、割と早い段階で四つん這いにさせられました。
いよいよ前立腺マッサージかと思いきや、指や舌で肛門を愛撫してくれます。この時点で既に気持ちイイです。
やがて彼女の指が私のアナルに入ってきます。
思わず「あんっ…」と女の子みたいな声を出してしまいました。
前立腺と思われる場所を彼女の指が到達し、マッサージが始まります。
おしっこがしたい様な感覚に似ているのですが、とにかく快感です。
私は、今まで出したことのない声を出し、体をよじらせ悶絶していました。
前立腺マッサージを今まで知らなかった自分を心から恥じると同時に、生まれてきて本当に良かったと思いました。

これぞドライオーガズム

この前立腺マッサージの間、私はドライオーガズムに達していました。
大人の男性なら誰でも知っている様に、男のエクスタシーは一瞬です。
そんなもの当然と諦めていませんか?
しかし、神様は男性にも最高の性感帯を与えてくれました。
それが前立腺です。
前立腺は、科学的にどんな役割を持っているかよく分かっていないそうです。
そんなの答えは簡単じゃないですか、性感帯という大きな役割を持っているじゃないですか。
ドライオーガズムに達している間、エクスタシーは続きます。
女性が何度もイってイってイキ続けるのと同じ感覚だと言われています。
ドライオーガズムを知って私は生まれ変わりました。
何の為に生れて来たのかハッキリしました。
前立腺マッサージには、それほどの意味があるのです。

↑ ページ上部へ